遊びながら仮想通貨が稼げる!?スマホゲーム「BitHunters」のご紹介!

BitHunters ビットハンターズ

(引用:BitHunters事前登録

仮想通貨が稼げるゲーム「BitHunters」がリリース予定です!

今回は「BitHunters」がどのようなゲームなのか?
そしてどのように仮想通貨を稼ぐことができるのか仕組みについて調査しました!




ビットハンターズとは?

【BitHuntersゲーム概要】
・BitHuntesは現実世界を歩いて様々な冒険をする位置情報RPGです。

・全国各地に現れるモンスターをタップしてバトルをしよう!
・バトルに勝利するとモンスターが仲間になる事も!
お気に入りのモンスターを育てて自分だけのパーティを作ろう
・バトルに勝利すると宝箱がドロップする事も!
歩くと宝箱をあける事ができ、ハンターがゲットできる事も!

・ポータルを見つけたらタップしてみよう!
アイテムやゴールドがゲットできるぞ!
・あなたの街のポータルの候補になりそうなものを申請してみよう!
文化的、社会的な価値が高いものは審査の結果ポータルになることも

今後も様々な機能、コンテンツを実装予定です。乞うご期待ください!

参照:BitHunters事前登録

「日常の裏側にある冒険が、今はじまる!」をテーマに現実世界を歩きながら楽しめる位置情報RPGです。
昨年位置情報を利用したポケモンGOも大流行しましたね!

BitHunters ビットハンターズ

(引用:BitHunters事前登録
自分の街や旅先がRPGの舞台になるなんてゲーム好きなら1度はやってみたくなるような魅力的な設定ですが、本作の本作最大の特徴はゲーム内で仮想通貨を稼ぐことができるという点です。

どうやって仮想通貨を稼ぐの?

それでは、気になる仮想通貨の稼ぎ方を調べてみました。
「BitHunters」では歩いたり、ゲーム内で経験値を貯めると「トークン」と呼ばれるものがゲットできます。
「トークン」とはゲーム内でのお金のようなものです。
そしてこの「トークン」に仮想通貨のシステム基盤であるブロックチェーン技術が利用されるみたいです。

つまり、この『トークン』をたくさん集めればがそれだけ仮想通貨が稼げるということですね!

地方自治体との連携

「BitHunters」の仮想通貨自体はゲームが普及するまで価値がゼロに近い可能性があります。

しかし、「BitHunters」は地方自治体と連携し「トークン」が地方自治体による健康解題解決のための補助金として機能することになるため普及することが期待されます。

高齢化が進む日本において、現在医療費負担を軽減するための対策として導入されている仕組みに、「健康増進によって医療費負担を減らすことに貢献した事業者には、医療費の何割かを還元金として支給する」というものがあります。

「BitHunters」の普及により、運営会社のリアルワールドゲームスが医療費負担を減らすことに貢献した事業者と認められれば還元金を得ることができ、その報酬分をトークンとしてユーザーに還元することができます。

リアルワールドゲームス社はこれを受けて、神戸市と協働し「意識せずに健康行動が習慣化される仕掛けづくり」の実証実験を予定しています。

リアルワールドゲームス、神戸市と日本初のStartup in Residenceを実施




まとめ

遊びながら仮想通貨が稼げる「BitHunters」の紹介をしました。
リリース直後は仮想通貨の価値はゼロに近いですが地方自治体との連携、話題性も十分ありますので流行をゲットできれば本当に遊びながらお金が稼ぐことも夢じゃないかもしれません!
現在公式サイトでは事前登録受付中です。
最後に関連URLを載せましたので興味のある方はチェックしてみてはいかがでしょうか?
筆者もリリースされた暁にはやり込んでみようと思っています。

BitHunters事前登録(公式サイト): http://bithunters.jp/
【公式】BitHunters (@Bit_Hunters) | Twitter:https://twitter.com/Bit_Hunters
運営会社:http://realworldgames.co.jp