仮想通貨を安全に保管する!ハードウェアウォレットのおすすめ

(引用:Ledger Nano S 正規品 | ハードウェアウォレット
従来仮想通貨は仮想通貨取引所で保管する場合が多かったですが、コインチェックNEM不正送金事件や2014年に起きたマウントゴックス事件以降、仮想通貨資産をハードウォレットに保管する人が増えています。
今回はそのハードウェアウォレットについて紹介します。




『ハードウェアウォレット』とは?

ハードウェアウォレットとは、仮想通貨の管理に必要な秘密鍵をオンラインを介さずに保管するためのデバイスです。
ハードウェアウォレットの内にUSBメモリーのようにデータととして仮想通貨が保管されていると誤解される場合が多いですが、中には仮想通貨自体は保管されておらず暗号化された秘密鍵という認識が必要です。

※秘密鍵とは仮想通貨を取引する際に必要な暗号で銀行口座でいうところの暗証番号のようなものです。

『ハードウェアウォレット』を使用するメリット

仮想通貨取引所では、通貨の移動が常に行われており、取引のための秘密鍵を一部オンライン上で保管しています。

オンラインで保管するということは何らかの原因(人為的ミスや、外部からのハッキング等)で流出する可能性があり、ローカルで保管できるハードウェアウォレットは高い安全性を持っています。

また、機種にもよりますが一般的な国内取引所よりも、多くの種類の通貨を保管することが出来ます。
海外の仮想通貨取引所で購入した仮想通貨が国内の取引所では取り扱いが無い場合でも、ハードウェアウォレットに通貨を移動させることが可能です。

『ハードウェアウォレット』の注意点

仮想通貨の管理には個人の秘密キーと公開キーをペアで所有することで、はじめて仮想通貨が自分の管理下におかれます。

そのため仮にハードウェアウォレットを無くしても、秘密キーさえあれば大丈夫なのですが逆にこの秘密キーを他人に知られてしまうと資産を盗まれてしまいます。

ハードウェアウォレットは秘密キーさえあれば何台でも同期できてしまうため、すでに初期設定済みのデバイスを販売しこのデバイスに移動した秘密鍵が盗まれるといった犯罪が発生しているようです。(つまり、他人のハードウェアウォレットに秘密鍵を移動している状態)

ハードウェアウォレットを購入する際は仕組みの理解と信用できる正規販売代理店で購入する必要がありますね。




まとめ

オフラインで仮想通貨の保管が出来るのハードウェアウォレット。
仕組みをしっかり理解して使用することができれば、安全に管理することができるので是非有効活用したいですね!