今後の発展に注目が集まるDAppsについて調査!

スマートフォンが普及してから
様々なアプリケーションが展開されていますね。

最近では仮想通貨と同じブロックチェーン技術を応用した
アプリケーションが開発されています。
そのようなアプリをDAppsといいます!

今回はそんな進化を遂げている注目のDAppsについて調査しました!




意味

Dappsとは【Decentralized Applications】の略です。
これだけだとちょっと分かりませんね、、、

一言で言うと非中央集権の分散型アプリケーションのことを指します。
Decentralizedは直訳で分権、分散等の意味があります。

定義

DAppsとされるアプリケーションの定義ですが
3つの項目に該当するものを指します。

1.アプリケーションがオープンソースである

ソースが公開されている事。また、オペレーションがコードにより動くので
自動であり中央がコントロールの主体をもたない事を指します。

2.トークンを利用している

アプリケーション自体がオープンな暗号通貨を持ち、アプリの利用に使用されていること。
また、このアプリから発行されるトークンが
ユーザーに対し報酬として支払われることを指します。

3.ユーザーの要求と合意を元に改善

アプリケーションはユーザーからの要求を元に
プロトコル(コンピューター同士が通信をする際の手順や規約などの約束事)を改善すること
また改善にはユーザーのコンセンサス(合意)が必要な事を指します。

 

上記3点に当てはまるものが完全なDAppsと言えます!

特徴

中央の管理者が必要なく改善もユーザーの合意が必要となるため
中央搾取者が存在しないことが大きな特徴でありメリットです。

また、他にもやりとりが見える事による取引の透明性
ユーザー同士で相談し変更を行える為、管理者の許可を必要とせず改善が柔軟に行える事
中央集権ではない為、ハッキングのリスクが低い事等幾つかメリットがあります。

DApps一覧

ビットコイン

アプリケーションではなく仮想通貨と称されているように感じますが

先程に記載した3つの項目を全て満たしています。

①マイナーがそれぞれそれぞれが利益を追求し送金オペレーションが動く為、
全体の管理者が必要ありません。
②利用はビットコインというトークンが使われ、送金手数料もビットコインで支払います。
③従来のような会社によるサービス提供ではなく、ルールの集合と考えてみれば当てはまります。

ゲーム

BitPet(ビットペット) https://bitpet.co/
cryptokitties https://www.cryptokitties.co/

DEX(分散型取引所)

EtherDelta https://etherdelta.com/
0x https://0xproject.com/
KyberNetwork https://kyber.network/
Bancor https://www.bancor.network/tokens

 

現在確認できている一部の為、実際はより多くあるか
まだまだ増えていく可能性が高いですね!




 

最後に

今後、新たなDAppsの開発が進んでいく一方で
Facebookのceoが下記のように語っています。

中央集権型システムから、個々人の手に力を移行させる。これらはコントロールが及ばなくなるというリスクもある。私は、これらのテクノロジーをより深く理解し、ポジティブな側面とネガティブな側面を学び、そして我々のサービスへの最適な利用法を考えたい。

【引用】

個々が力を持つようになるので
コントロールを失うことを懸念されています
今後の発展と想像を期待しつつルール決めを行う必要があるということでしょうか。

仮想通貨ユーザーの方々は今後社会基盤や分散化が可能なものは
非中央集権で分散的なものに置き換わると考えています。

各企業が参入し、より豊かに発展していくのではないでしょうか。

 

最後までご購読いただき有難うございます♥
また見てくださいね!